■宮城県 高卒就職内定率49.7%(H26.9月現在)

■宮城県 高卒就職内定率49.7%(H26.9月現在)

掲載開始日: 2014-10-18

【高卒就職内定率49.7% 92年に迫る】

 宮城労働局は17日、来春の高校卒業予定者の就職内定率が9月末現在で49.7%に達したと発表した。前年同期を6.4ポイント上回り、1992年9月時点(52.3%)に迫る高い水準となった。
 卒業予定者2万532人のうち4199人が就職を希望し、2087人が内定を得た。
 県内企業への就職希望者は3459人、県外は740人。県内企業の内定者は1572人(前年同期比155人増)、県外は515人(114人増)となっている。
 男女別の内定率は男子54.6%(7.5ポイント増)、女子43.8%(5.2ポイント増)だった。
 公共職業安定所別の内定率は仙台51.0%、大和54.5%、石巻38.7%、塩釜49.3%、古川48.5%、大河原44.5%、白石69.1%、築館53.0%、迫48.4%、気仙沼55.3%。
 9月末現在の求人数は8357人で、前年同期より25.8%増えた。産業別の求人数は建設業1292人(218人増)、製造業1792人(383人増)、卸売業・小売業1222人(182人増)、医療・福祉1027人(293人増)、サービス業877人(206人増)など。
 労働局はことしの動向について「求人票自体が多いのに加え、企業側からの提出時期も例年より早かった。求人意欲の高い企業が多い表れ」と分析する。

河北新報より

リンク: http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141018_15021.html

パーマリンク

最新のニュース10件






↑ トップに戻る