■新規就業、離職率を6年ぶりに上回る 13年16.3%に

■新規就業、離職率を6年ぶりに上回る 13年16.3%に

掲載開始日: 2014-09-09

 厚生労働省が9日まとめた2013年の雇用動向調査によると、働く人のうち新たに就業した人の割合を示す入職率は、前年より1.5ポイント高い16.3%となり、仕事から離れた離職率(15.6%)を6年ぶりに上回った。景気の回復で新規の雇用が増えて、女性や高齢者が働きに出ている。

 5人以上のオフィスや工場を調べた。13年末の常用労働者は4624万人と前年末から0.7%増えた。産業別にみると、14業種のうち10業種で入職率が上回った。特に建設業や情報通信業、宿泊飲食サービス業、医療・福祉で1ポイント以上、入職率の方が高かった。逆に製造業は離職率が入職率を1.2ポイント上回った。生産の海外シフトが進んで働く場所が減っている。

 働く人に占める転職者の割合も10.5%と前年より1.4ポイント上がり、8年ぶりの高水準となった。「収入が少なかった」という回答が男性で1.8ポイント上昇の10.1%にのぼった。ただ転職後の賃金は「減少した」が33.8%と前年より3.4%上がり、「増加」(31.8%)を上回った。

日本経済新聞より

リンク: http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H17_Z00C14A9EE8000/

パーマリンク

最新のニュース10件






↑ トップに戻る