㈱共立メンテナンス 寮・食事付で、働く環境はバッチリです!

接客がメインの仕事です!人と接することが好きな方におススメ!

フロント・売店・レストランでの接客から、予約・総務経理 等


こんな会社です!

全国にリゾートホテル、湯宿を約25棟運営しています!

売上高は1350億円、経常利益は97億7500万円(2016年3月期)の東証一部上場企業です。
全国に、リゾートホテル、ビジネスホテル(ドーミーイン)、シニア向け住宅、学生寮、社員寮等を運営しています。
2015年には、ビジネスホテル(ドーミーイン)事業は、海外進出を果たし、グローバルな会社です。

毎年多くの新入社員が入社しており、2016年4月には全国で約180名(高卒生だけで)が入社しました!


仕事内容まるわかり!

寮・食事は会社で用意!研修制度も整っているので、接客のプロを目指してください!

各リゾートホテルで、接客の仕事をメインにしてもらいます!人と接することが好きな方におススメです!
当社のリゾートホテルには、洋風なホテルと和風なホテル(湯宿)があるので、制服や料理には違いがございますが、基本的に仕事内容は全国共通です。

【仕事内容】
 ◆フロント
 ◆レストラン
 ◆予約
 ◆総務
 ◆経理
 ◆施設管理 等
入社当初は、フロント・売店またはレストランと、直接お客様と接する仕事から始めていただきます。
慣れてきたら予約・総務・経理・施設管理など、お客様と直接接しない仕事もしていただきます。


【研修】
新入社員研修・フォローアップ研修・海外留学制度(希望者のみ)

【教育】
従業員進学支援制度
・・・産能短期大学 短大通信教育課を取得することができます。ビジネス・コミュニケーションコースまたは、国際コミュニケーションコースから選ぶことが可能です。
実際に2015年入社の先輩も、働きながら短大の卒業資格をとる為に頑張っています! 

フロントでの接客♪お客様のチェックインとチェックアウトを行ます!

レストランでの接客♪仕事はお客様への料理提供ですが、サプライズケーキも出します!


将来「私」はこうなれる!

1年目 秋田から箱根へ就職!

同じホテルに同期が約20人!

就職先は、神奈川県にある『箱根強羅温泉 季の湯 雪月花』です。

生まれ育った秋田を離れることはとても不安でしたが、接客の仕事がしたく、有名な温泉地の箱根で数々のランキングで上位になっている『雪月花』に就職したいと思い決断しました!

寮と食事付というのも、決め手になりました!
最初は大変なことばかりでしたが、同期がたくさんいたので支えになってくれました!!

> もっと見る


先輩社員にインタビュー!

石川 彩 2016年4月入社 『箱根強羅温泉 季の湯 雪月花』配属

接客が好きな方、笑顔で仕事をしたい方、お待ちしております!

北海道函館 出身の私が、紹介します!
新人でも活躍できる場がたくさんあります!仕事は、思った通り大変ですが、毎日が充実しています!

レストラン部門に配属された場合、朝食と夕食の為に1日に多くて2回出勤をする中抜け制度というものがあります。(日によっては、朝または夜だけという場合もあります)今回は、夕食の提供時の仕事をご紹介いたします!

> もっと見る


人事・採用担当者よりアドバイス

【お問い合わせ】 人事部  伊藤知里(イトウチサト)03-5295-7793

接客が好きな方!若手社員が活躍している職場で働いてみませんか!?

共立メンテナンスでは、毎年約300名の新入社員が入社をします。年齢・出身地・職種は様々ですが、多岐にわたる事業をしている会社だからこその面白さがあります!
新入社員の約半分が高卒の方なので、支え合い、切磋琢磨しつつ成長しています!

地元出身の方が多いですが、寮・食事付なので、遠方の方でも安心して働ける環境をご用意しています。
新入社員研修やフォローアップ研修、海外留学制度など、サポート体制も整えています!
また、短大の卒業資格を取得できる進学支援制度もございます!
ぜひ一度、見学に来てください!



会社概要

事業内容
リゾートホテル・ビジネスホテル・シニア向け住宅・学生寮・社員寮 等
事業所
北海道・岩手・宮城・群馬・栃木・神奈川・山梨・静岡・長野・岐阜・三重・京都・島根・和歌山
設立
1979年(昭和54年)9月27日
代表者
代表取締役社長 佐藤充孝
従業員数&平均年齢
約8,000人(パートアルバイト含む) / 34.9歳 (リゾート事業部の平均年齢は29.4歳)
資本金
76億5400万円
会社理念
顧客第一を会社の心とする。
教育&研修
新入社員研修、フォローアップ研修、従業員進学支援制度
会社URL
http://www.kyoritsugroup.co.jp/recruit/index.html


↑ トップに戻る